読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萬由無事覚書

不知物故萬由無事覚書仕候也。

ロケール固有情報の形式

サーベイ

ロケール固有情報って、どういう形式があるんだろう?

規格

ISO/IEC TR 14652:2004形式

glibcなんかで使われている。glibcのgitリポジトリで見られる (該当部分は/localedata/localesあたり)。

拡張ロケール環境変数」で書いたように、国際標準としては廃止されている。

LDML形式

XMLを用いた形式。

CLDRことCommon Locale Data Repositoryで使われている。このCLDRは、ロケール固有情報を蓄積・提供するプロジェクトだ。詳しくは以下参照。

こいつはとても便利そうだ。「devsumi 2012 で「いまどきのi18nのはなし」を聞いて、CLDR を紹介しようと思う」に、利用のヒントがたくさん書かれてる。

ロケール固有情報って、現地に住んでないとわからないことも多いと思う。そういうのがきちんとまとまってて、提供されてるってのはすごい!

現時点での最善慣行

  • CLDR使ってXSLTで変換してDBにしてアプリで利用。
  • 国際化対応のWebアプリなんかでは、重宝しそうだ。